賃貸の契約が終了すると、出る前にお部屋の修繕費というものを支払うことになります。これは原状復帰という制度で、賃貸を借りる前に状態にする費用はこちらが負担しないといけないのです。ですので賃貸を借りている期間は、原状復帰のことも考えて丁寧に扱う必要があると思います。

しかし、この原状復帰はかなり細かい部分までチェックされることがあります。例えば、床についたジュースをこぼしてできたしみや壁のネジ穴一つなどでも、修繕費を請求される場合があります。なので、よほど丁寧に扱わなければ取られてしまうものと考えるべきなのかもしれません。

賃貸の原状復帰と関係のある仕組みとして、契約前に支払いを行う敷金があります。これは原状復帰の際にかかる費用の前払い金のようなものなので、契約終了時のお部屋の痛みについては、敷金制度がある物件で契約した場合は、ここから引かれるのであまりお金の心配は無いかと思います。

敷金はお部屋を大事に使えば戻ってくることもあります。修理をする場所が無いのでしたら、敷金も使う場面がありません。このキャッシュバックを狙って、賃貸で生活をするのでしたら、なるべくお部屋を大事に使うように心がけたいところです。